「新型コロナウイルス感染者数マップ」について

Documents of the data "Dashboard of Coronavirus COVID-19 Japan Case (2019-nCoV)""

 こちらのページでは、当社が「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」(以下、「マップ」)にて公開しているデータ、ならびに付随して公開している各種データ類(以下、「データ」に関するドキュメント類をまとめたページです。

 こちらのページで公開している情報のほとんどは、「マップ」や「データ」を研究・開発目的などによって利活用されようとする方のために書かれています。

データ(CSV/API)

【感染者数マップ】リンク
【データ(CSV)】ダウンロード
【API(GeoJSON形式)】
 ▼都道府県別新型コロナウイルス感染者数(マップの元データ)API(GeoJSON)
 ▼東京都の市区町村別感染者数(日別API(GeoJSON)

データの定義ならびに権利

データの定義

下記は、「マップ」にて利用しているCSVデータの構成列ならびにその解説(定義)です。あくまで、「マップ」公表のために作成しているローデータとしてのCSVを副次的に公開しているため、詳細な定義についての記載などについては、時間的制約から省略させて頂きます。

2020/03/04 23:00 現在

列名 解説(定義)
通し 本CSV内におけるデータの通し番号。
厚労省NO 厚生労働省の報道発表資料における「n例目」のn。(「旧No.」と同じ)
無症状病原体保有者 厚生労働省もしくは各自治体において、PCR検査陽性ではあるが「無症状」と公表されたケースとその番号。
国内 厚生労働省の報道発表資料における「新No.」(「A-x」と同じ)
チャーター便 厚生労働省の報道発表資料、内閣官房の対策本部会議資料における「チャーター便帰国者」の番号。(「B-x」と同じ)
年代 公表された年代。10歳刻み。 10歳未満の場合「0-10」と記載。実際の年齢が公表された場合にも年代に丸めて記載。不明もしくは非公表の場合には「不明」と記載。
性別 公表された性別、男性、女性。 不明もしくは非公表の場合には「不明」と記載。
確定日 PCR検査における陽性が判明した日。 日付は日本時間(JST)。
自治体の公表日(報道発表資料公開日)や、報道された日付ではない。
発症日 感染者に症状が発生した日。 症状に関する時系列の発表があった場合、その時系列の初日を指す。無症状の場合や公表していない場合には、(空白)としている。
受診都道府県 感染者が、陽性の確定した段階で最後に受診していた(もしくは入院していた、している)医療機関の都道府県。
居住都道府県(居住地) 感染者が居住する都道府県。
居住管内 北海道のみ。感染者が居住する自治体の所属する振興局、総合振興局。 感染者の居住する自治体について、北海道に限り、市区町村単位ではなく振興局もしくは総合振興局単位での公表があった場合に限り、その振興局ならびに総合振興局。
居住市区町村 感染者が居住する市区町村、
公表している場合に限る。市区町村については、政令指定都市の場合には政令指定都市名までとし、区については記載しない。特別区については公表があった場合、記載する。
キー GIS処理用。居住都道府県〜居住市区町村までをもとに、X,Yを算出するための「キー」
発表 本件について公表を行った機関名。 原則、最初に報道発表を行った行政機関名とする。厚生労働省が行った場合には、厚生労働省と記載する。都道府県と市区町村が合同で発表を行った場合には、都道府県とする。
都道府県内症例番号 都道府県が公表した、自治体内での症例番号を記載(「◯◯県内◯◯例目」)。その自治体が症例番号を掲載しない場合には記載しない。
市町村の症例番号は登録しない。
ステータス 感染者のステータス(状態)。 死亡、退院など。重症かどうかは記載しない。
備考 その他の情報。 当社が症例を管理するにあたって必要と見なした備考情報。
ソース1,2,3 情報源となるソースのURL。
ソースの優先順位にそって、ソース1→3の欄を使用する。 1)厚生労働省(もしくは官邸対策本部)の発表 2)地方自治体の報道発表資料 3)地方自治体の記者会見(ライブ中継、ストリーミング配信、通常の動画メディア) 4)厚生労働記者クラブ加盟社等による報道 5)地方自治体の首長によるSNS(Twitter,Facebook)の投稿
人数 GIS処理用。レコードに対応する人数(基本”1″)。
累計 GIS処理用。確定日に対しての、累計感染者数。
前日比 GIS処理用。確定日に対しての、感染者数前日比。
死者合計 GIS処理用。確定日に対しての、死亡者累計。
厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html
当日の自治体公表資料等により、上記資料公表を待たずに数値を更新することもある。
退院数累計 GIS処理用。確定日に対しての、累計退院数。
厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html
退院数 GIS処理用。確定日に対しての、退院数前日比。
厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html
発症数 GIS処理用。「確定日」列に対応した、発症数。
PCR検査実施人数 GIS処理用。PCR検査実施人数の総数。厚生労働省の発表に基づく。(集計方法が変わった3月4日から記録)
厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html
PCR検査実施人数前日比 GIS処理用。PCR検査実施人数の前日比。
厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00086.html
職業_正誤確認用 当社が症例を管理するにあたって必要と見なした備考情報。 ダッシュボード上には掲載しない。
勤務先_正誤確認用 当社が症例を管理するにあたって必要と見なした備考情報。 ダッシュボード上には掲載しない。
Hospital Pref 英語版の受診都道府県。
Residential Pref 英語版の居住都道府県(居住地)。
Release 英語版の公表機関。
Gender 英語版の性別。
X,Y GIS処理用。座標
確定日 YYYYMMDD 日本の日付表示様式に沿った
受診都道府県コード CSV形式なので”0”が落ちる。
居住都道府県コード CSV形式なので”0”が落ちる。
更新日時 CSVの保存日時。
Field2 予備の項目として設置。
【3/9〜】厚労省採番が無くなったため、当社が便宜上厚労省のデータと対応させるための管理番号を付与しています。
Field4 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field5 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field6 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field7 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field8 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field9 予備の項目として設置。(現在空欄)
Field10 予備の項目として設置。(現在空欄)

更新履歴

(更新履歴については、現在過去に遡って執筆中です)

2020/03/24 19:00 「Field2」の場所を移動し、「都道府県内症例番号」を記載開始(順次更新)

データの権利

マップで利用しているデータのCSVファイルについては、Dropboxへの直接リンクで公開をしています。なお、CSVデータファイルについては、別途当社による明示的な許可のない場合、すべて、Creative Commons「BY-NC 国際4.0」で提供されるものとします。

表示 – 非営利 4.0 国際 (CC BY-NC 4.0)

 なお、複製・引用・転載の際には、当社までご連絡をいただけると喜びます。複製・引用・転載や、本データ活用の事例については、ご紹介をさせて頂くこともあります。

 商用利用についてご希望がありましたら、上記までお問い合わせ下さい。個別にご相談をさせて頂きます。

 当社は、米国Esri社ならびにその日本総代理店であるESRIジャパン株式会社とのパートナーシップ契約に基づき、GISソフトウェアであるArcGIS製品を利用して「マップ」を公開しています。「マップ」上に表示されている地図については、マップに記載されているクレジットの会社が別途権利を有しています。

 当社は、「マップ」ならびに「データ」の追加、更新、編集、削除には細心の注意を払っています。しかしながら、「マップ」ならびに「データ」の内容および正確性等に関していかなる保証をするものでもなく、これに起因して生じた損害等につき、当社は一切責任を負いません。また、当社は事前に告知なく、理由の如何を問わずして、いつでも「マップ」ならびに「データ」の追加、更新、編集、削除を行うことができ、またいつでも「マップ」ならびに「データ」の公開を取りやめ、また再公開する権利を保有します。「マップ」ならびに「データ」を取得・ダウンロード(「マップ」については、ブラウザでの閲覧を含む)された時点で、この免責事項に同意したものと見なします。

FAQ(よくある質問)

  1. 「マップ」の地図上、アフリカ象牙海岸沖に点がプロットされていますが、何かの間違いではありませんか?
    • 今回、この「マップ」を公開するに当たっては、GIS(地理情報システム)を利用しています。GISの特性上、地図上に座標がないとデータとしては認識しないため、緯度経度いずれも「0」(赤道上かつ本初子午線で、地理的にはアフリカ象牙海岸沖)にプロットされます。
  2. マップやデータの更新頻度はどのくらいですか?
    • 基本的には、当社が事案を覚知し次第すぐに更新をするようにしています。また、報道機関による報道を元に第一報としてデータを追加し、その後信頼できるソースからの情報の追加や更新があれば、随時更新しています。当社の営業時間外でも更新する場合がありますが、更新時間のリアルタイム性について担保するものではありません。
  3. 日別感染者数が、NHKや報道機関の数字と異なるようですが?
    • NHKや各報道機関の「今日確認された感染者数」は、「公表日(報道発表日)」を基準にしていることがほとんどです。当社の「マップ」では、「陽性確認日」を基準としているため、「陽性確認」から「報道発表」までに日付をまたいだ場合は、ズレが生じることとなります。
  4. マップの作成に利用しているシステムはなんですか?
    • Operations Dashboard for ArcGISです。詳しくは同社サイトをご覧下さい。
  5. データを利用する場合の出典はどのように記載すればよろしいですか?
    • 出典の記載については、上記CCの趣旨に基づきお任せを致しますが、以下の例もご参考ください。
    • https://gis.jag-japan.com/covid19jp/ -「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ(ジャッグジャパン株式会社提供)」
    • 「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ(ジャッグジャパン株式会社提供)」
    • @oohamazaki https://gis.jag-japan.com/covid19jp/
  6. 在住市区町村が判明しているのに記載されないケースがありますが、なぜですか?
    • 在住市区町村については、原則として「政令市、一般市、特別区ならびに町村」としております。政令市内に設置された区(行政区)については、記載しません。これは、自治体による発表のあり方は自治体の首長によって判断されるところ、特別区の区長は公選であるものの、行政区の区長は公選ではないことによるものです。
  7. ダイヤモンド・プリンセス号のケースはどのようにカウントしていますか?
    • 原則としてクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗員乗客については、「マップ」「データ」には反映をしていません。ただし、次の場合には、国内症例と見做して追加しています。これは、WHOならびに厚生労働省の基準によるものです。
      1. 「ダイヤモンド・プリンセス号」から(搬送ではなく)通常の下船を行い入国した後に、陽性が判明したケース。
  8. 自治体の発表内容と厚生労働省の発表との間に差異がある場合はどのようにしていますか?
    • 自治体と厚生労働省の発表内容に差異がある場合が確認されています。(例:旧No.170/新No.159の方について、厚生労働省は居住地を滋賀県と公表しているが、滋賀県は同感染者の日常の居住地は東京都であることを理由に、県内感染についてゼロとしている。ソースは毎日新聞記事)このようなケースにおいては、厚生労働省の発表内容に準じてデータを作成しています。
  9. 在日米軍の感染者が掲載されていないようですが?
    • 在日米軍における感染については、検査の実施が日本国法に基づいて行われているものではないこと、保健所への通知について日米地位協定に基づいて行われているとの防衛大臣答弁はあったものの、その内容について日本の省庁からの発表がないこと、同様に自治体からの発表にも含まれていないことから、現在は掲載をしておりません。なお、軍属ではない者の感染(陽性確認)で、自治体による発表があったケースについては、例外として掲載しています。
  10. 実名が判明しているケースでも実名は載せないのですか?
    • 芸能人やスポーツ選手、公職にある者などで実名が報道された場合においても、当社「マップ」では実名を掲載しません。
  11. マップの表示において、「0件」と表示されたり、「データが正しく構成されていません」などのエラーが出ている。
    • アクセスの集中や、データベースの再構築作業によって、一時的にサーバーに負荷がかかっている状態です。誠に申し訳ありませんが、少し時間をおいて再度アクセスしていただきますよう、お願い致します。

ご紹介・ご活用いただいた方々

 これまで、マップやデータについて、多くの方からご紹介をいただきました。この場をお借りして御礼を申し上げます。当社の制作公開したマップについてご紹介をいただきました報道(ニュース)、公的機関・医療業界関係・民間企業の方々について、当社の把握しているものをご紹介させて頂きます。

 また、マップやデータを活用・二次利用していただき、これまで多くの研究や著作物の発表がされています。当社はデータについて、Creative Commons「BY-NC 国際4.0」ライセンスで公開しており、皆様の活用・二次利用を歓迎しております。以下、当社が別途明示的な利用許諾をしたものや、二次利用についてご報告を頂いた発表をご紹介させて頂きます。(掲載に際しては、作者の許可をいただき、掲載の許可を頂いた内容を記載しております)

ご紹介いただいたニュースサイト・報道機関 様(順不同)

ご紹介いただいた公的機関・医療業界関係・民間企業 様(順不同)

データをご活用頂いたウェブサイト・図表等の事例一覧(順不同)

当社公開のマップやデータを利活用されたアウトプット(図表やグラフ、プログラムや論文、著書、発表事例ほか)がありましたら、お問い合わせフォームより是非ともご報告下さい。(必須ではありませんが、情報公開のモチベーションになります)内容を確認させて頂いた上で、掲載をさせて頂きます。

ご寄付について

 これまでマップを公開させて頂いてから現在まで、複数の篤志の方からのお申し出により、ご寄付をいただいております。誠にありがとうございます。

 マップの公開にあたり、直接的な費用はかかっておりませんが、今後も引き続き情報を更新していくにあたっては、情報の継続的なモニタリングや更新にかかる人的資源を確保し続ける必要があることや、提供する情報量の増大によっては、ストレージ費用が別途発生する可能性もあります。

 私どもの活動にご理解をいただき、ご寄付をご検討下さる方につきましては、下記ページをご確認いただけましたら幸いでございます。

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせにつきましては、会社の通常業務への影響を鑑み、下記お問い合わせフォーム、twitterもしくはメールにてお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、必ずご返信できるものではないことをご了承下さい。
お問い合わせフォーム:お問い合わせフォーム by Google Form
Director :大濱崎 @oohamazaki
Technical : 宇田川@aimerci
Mail : jagjapan@jag-japan.com
※報道機関からのお問い合わせ、企業様からのビジネスに関連するお問い合わせは、会社概要に記載の電話でも承ります。